Uncategorized

給料ファクタリングって一体何?おすすめのファクタリング法人も紹介!

「給料日までまだあるのにお金が全然ない」
「今お金がないけどどうしても欲しいものがある」
「ローンや消費者金融は利用したくない」
私たちが普段生活しているとどうしてもお金がないという事態に落ちいることも多いでしょう。
しかしローンや消費者金融を利用すると高額な利息が付いたり、信用情報に傷がつく可能性があります。
そんなみなさんにオススメなのが「給料ファクタリング」です!
今回は個人向けファクタリング「給料ファクタリング」について解説していきます!

フリーターにもおすすめ?給料ファクタリングとは?

通常は企業が資金の調達などに使われるファクタリング。
実は売掛債権が存在しない個人でもファクタリングが利用できるのはご存知でしょうか?
そんな給料ファクタリングについて詳しく見ていきましょう。

 

給料ファクタリングとは?

給料ファクタリングとは、働いて得た給料を、支給日前に受け取ることができる個人向けのサービスです。
通常ファクタリングは企業の売掛債権をファクタリング企業に譲渡することで現金を得られるのですが、実は会社の給料も債権の一種なのです。
債権は第3者に譲渡することができるので、給料債権を給料ファクタリング企業に譲渡することで給料日前にお金を受け取れるという仕組みになっています。
多少の手数料はかかりますが、信用情報に傷があるような人でも比較的柔軟に対応してくれるため、非常に便利です。

 

働いていれば誰でも利用できる?

給料ファクタリングは給料債権が発生していれば、基本的には誰でも利用できます。
会社に所属して働いていれば正社員でも派遣社員でもアルバイトでも給料債権が発生しますので、給料ファクタリングを利用することができます。
しかし給料ファクタリングを利用する際は審査を通過することが必要で、場合によっては利用できないといった結果になることもありますのでご注意下さい。

 

どんな方式がある?

給料ファクタリングには大きく分けて「2社間ファクタリング」「3社間ファクタリング」の2種類が存在しています。
それぞれ違う特性や仕組みを持っており、自分の希望に合わせて選択することが重要です。

  

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングとは利用者と給料ファクタリング企業の2者間で行われるファクタリングです。
利用者は給料債権を給料ファクタリング企業に譲渡し、お金を受け取ります。
その後、会社から受け取った給料を給料ファクタリング企業に入金して取引は終了します。
2者間で行われるため契約がスムーズに進み、最短で即日の入金も可能です。
しかし2社間ファクタリングは手数料が高くつく傾向がありますのでご注意ください。

  

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングとは利用者と利用者の勤務先、給料ファクタリング企業の間で行われるファクタリングです。
利用者が申し込みを行うと給料ファクタリング企業は利用者の勤務先に債権譲渡の許可を得る連絡を入れます。
その後は2社間ファクタリング同様に利用者にお金が入金されるのです。
3社間ファクタリングは勤務先に連絡が行くため事情を説明しておかなければならず、勤務先の人にお金にだらしないような印象を与えてしまうかもしれないとデメリットがあります。
そこの問題をクリアできれば3社間ファクタリングは手数料が安い傾向にあるのでオススメです。

 

個人で利用できるファクタリングも増えてきている?

以前はファクタリングは売掛債権を持つ企業に向けてサービスが展開されているため、個人では使用できないものだとされてきました。
しかし近年給料債権を売掛債権だと見立ててファクタリングを行う「給料ファクタリング」が出現したため、個人でもファクタリングを利用できるようになっています。
給料ファクタリングを扱う企業も増えてきたため、利用者がどの企業を利用するかを選べるようになりました。
お金に困っている方は一度利用してみてはいかがでしょうか?

おすすめできる?給料ファクタリングのメリットは?

個人でも利用できる給料ファクタリングには多くのメリットがあります。
そんな給料ファクタリングのメリットを詳しく見ていきましょう。

 

勤務先にバレない

給料ファクタリングは勤務先に通知されることなくファクタリング完了させることのできる場合もあります。
給料ファクタリングは2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類があり、2社間ファクタリングであれば利用者と給料ファクタリング企業で完結するのです。
そのため勤務先に給料ファクタリングを利用していることを知られたくないという方は2社間ファクタリングをオススメします。

 

現金が即日手に入る

給料ファクタリング企業によっては給料債権を最短即日で現金化してくれる場合もあります。
もし即日で現金を手に入れたいという場合は2社間ファクタリングを採用している給料ファクタリング企業を利用することをオススメします。
2社間ファクタリングは利用者と給料ファクタリング企業の間で取引が完結するので、手続きがスピーディーに進むので、入金までが非常にスムーズです。

 

フリーターでも利用可能

給料ファクタリングと聞くと中には「正社員でないと利用できないのではないか」と考える方もいるかと思いますが、実際そんなことはありません。
給料ファクタリングは給料債権が発生していれば利用できるので、フリーターでもパートの主婦でも問題なく利用できます。
ローンや消費者金融よりも審査は緩いので、信用情報が弱くなりがちなフリーターや主婦でも審査は問題ないでしょう。

 

給料未払いの防止

給料ファクタリングは給料未払いを防止するための保険として使用することも可能です。
自分が勤めている会社の業績が落ちていたり、倒産してしまったりすると、給料減額、場合によっては給料が未払いになることも考えられます。
そうなると従業員は生活に困ってしまいます。
もし自分が勤めている会社にそのような兆候を感じたら、給料ファクタリングを利用し、給料債権を現金化してしまうことにより、給料をもらえないという最悪の事態を回避できるのです。
勤務先にこのような不安があるという方は、是非利用してみてください。

 

過去に金融トラブルを起こしていても利用可能

過去に自己破産や支払い延滞など金融トラブルを起こしているとクレジットカードや消費者金融、銀行の融資などの審査に通りにくくなります。
しかし給料ファクタリングならこのようなブラックリストに載っているような人でも利用できる可能性は高いです。
消費者金融や銀行の融資は借入のため信用情報が大きく関わってきますが、ファクタリングは金融取引の一種ですので信用情報はあまり関係ありません。
そのため過去に何らかの金融トラブルを起こしていても給料ファクタリングの審査を通過できる可能性は十分にあるのです。

おすすめはできない?給料ファクタリングのデメリットは?

会社に所属していて給料を得ていれば誰でも利用できる給料ファクタリング。
多数のメリットがあり大変便利ですが、デメリットもあります。
そんな給料ファクタリングのデメリットについて解説していきます。

 

審査に落ちる可能性も十二分にある

比較的審査は緩いとされている給料ファクタリングですが、100%審査を通過するというわけではありません。
場合によっては審査に落ちる可能性も十分にあるのです。
給料ファクタリングの審査は基本的に利用者の勤務先の状況を見定めながら行われます。
利用者が本当にその勤務先に在籍しているか、経営状況は危なくないかなどを判断した上で利用できるかを判断するのです。
もし給料ファクタリングの審査に落ちた場合、在籍が確認できなかった、勤務先の信用情報が低い、書類不備などが考えられます。
もう一度自分が提出した書類や勤務先の状況などについて確認してみましょう。

 

手数料が高い

給料ファクタリングを利用すると手数料がかかり、その分利用者が受け取れる額は少なくなります。
給料ファクタリングは企業が利用する通常のファクタリングに比べて、手数料が高く設定されているのです。
給料ファクタリングの手数料の相場は20〜40%となっており、給料ファクタリング企業によって異なります。
そのため給料ファクタリングを毎月利用しているとかなりの額を手数料として支払わなくてはならず、かなり損をしてしまうでしょう。
給料ファクタリングはいざという時だけ利用ことを心がけた方が良さそうです。

 

基本給しか現金化できない

毎月もらう給料の中には様々な手当てやボーナスが入っていたりすることもあるでしょう。
しかし給料ファクタリングではそれらの手当てを現金化することは出来ず、対象となるのは基本給のみです。
給料ファクタリング企業は確実に回収できる金額を設定しており、その月によって金額が変動する手当てやボーナスは対象としていないのです。
そのため手当ての割合が多い人が給料ファクタリングを利用するのは痛手となるかもしれません。

 

勤務先からの信頼を無くす可能性も

3社間ファクタリングを利用すると利用者の勤務先に給料債権譲渡の確認をするため、連絡が行きます。
そのため利用者は勤務先に事情を説明しなくてはならないのですが、その際「お金にだらしない人」といったような印象を与えてしまう可能性もあります。
また勤務先がトラブルや手続きの手間がかかることから給料債権の譲渡に難色を示す場合もあり、勤務先との関係が悪くなる原因にもなるでしょう。
給料ファクタリングのことを勤務先に知られたくないという人は2社間ファクタリングを利用するのがオススメです。

 

悪徳なファクタリング業者も多い

給料ファクタリングを提供している企業の中には詐欺まがいな手口で利用者からお金を騙し取ろうとする悪徳企業も存在します。
悪徳企業の手口としては相場よりもかなり高額な手数料を請求する、融資を進めてくる、保証人や担保をつけるよう勧めてくるなどが多いです。
このような悪徳企業を利用してしまうと大損害を被りかねませんので十分に注意してください。

おすすめの給料ファクタリング法人5選!

ここまで給料ファクタリングについて説明してきましたが、「結局どこの企業を選べば良いの?」と疑問を感じている方もいるでしょう。
そこで給料ファクタリング初心者のために、オススメの給料ファクタリング法人を5つ紹介していきます。
企業選びの参考にしてみてください。

 

七福神

1つ目に紹介する給料ファクタリング法人は「七福神」です!
七福神は東京都新宿に会社構える給料ファクタリング法人で、給料ファクタリングだけでなく、法人向けのファクタリングも行っています。
ファクタリング業界としてはかなりの老舗で、最大手と言っても過言ではない七福神は多くのユーザーから高評価を得ているのです。
また対応の速さには定評があり、初回利用の場合は19:00までの申し込みでその日のうちにお金を受け取ることができます。
スタッフにはファクタリングの専門知識を持ったプロばかりですので、給料ファクタリングをしたいなら七福神を選んでおけば間違いないでしょう。

 

Get給

続いて紹介するのは「Get給」です!
Get給はアクアバレー社が運営しているファクタリング法人で、美容系アイテムの販売なども行っています。
Get給の給料ファクタリングは2社間ファクタリングのみ対応しており、全国どこでも即日入金してくれますので、すぐにお金が必要な人には心強いでしょう。
またGet給では電子契約にも対応しています。
必要な書類をスマートフォンで画像化し、専用フォームで送るだけでいいので、スマホ1台で契約を完了させることも可能です。
2社間ファクタリングによって入金されるので、勤務先に知られたくないという方にはオススメです。

 

Wallet Link

Wallet Linkは先程紹介したGet給と同じアクアバレー社が運営しているファクタリング法人です。
2016年に営業を開始したWallet Linkは、Get給同様に電子契約にも対応しており、なんと24時間インターネットでの申し込みを受け付けています。
LINEでも申し込み可能なのでかなり便利です。
Wallet Linkでは利用時の勤務先に在籍確認を行うのですが、勤務先に給料ファクタリングの件がバレるということはないようです。
手軽に給料ファクタリングを利用したいという方にはオススメします。

 

ファクタル

ファクタルは2019年にサービスを開始した、ファクタリング業界ではかなり新参なファクタリング法人です。
熊本に本社を構えるファクタルですが、基本的に全国どこでも入金に対応しており、申し込みもネット上で行うことができます。
ファクタルの特徴といえば審査の速さ。
ファクタルでは申し込みから最短で30分で審査が完了します。
すぐにお金が必要な人にとってはかなり心強いでしょう。
ファクタルを利用するには社会保険に入っていることが必須となっていますが、加入していればフリーターや非正規雇用者でも利用できます。
すぐにお金が欲しいという方は利用を検討してみてはいかがでしょうか?

 

強運堂

公式サイトのデザインがポップで非常に可愛らしいと評判の強運堂は、最短即日で入金可能な給料ファクタリングとして人気があります。
給料ファクタリングには手数料がかかってしまいますが、強運堂の口コミによれば他の給料ファクタリング法人より安かったという声もかなり多く見受けられました。
またリピーターの人には給料債権の買取率を優遇してくれるようです。
申し込みは電話やメールで全て完結するので実際に店舗に出向く必要もありません。
これからも繰り返し給料ファクタリングを利用する予定の人は強運堂を利用してみると良いでしょう。

まとめ

ここまで給料ファクタリングついてやオススメの給料ファクタリング法人について解説してきました。
給料ファクタリングは正社員でなくても、給料債権が発生していれば問題ないので、フリーターやパートの人たちも利用することができます。
中には即日入金してくれる給料ファクタリング法人も多くありますので、急にお金が必要になってしまった場合でも便利です。
是非今回の記事を参考に、給料ファクタリングで金欠のピンチを脱してみてはいかがでしょうか?