Uncategorized

法人・個人事業主でもファクタリング会社のおすすめサービス

個人事業主として働いていて、不測の事態により急にお金が必要になってしまうということもあるでしょう。
お金を入手する方法としては銀行に融資をしてもらったり、消費者金融を利用したりといった方法が考えられます。
しかし銀行の融資は審査が厳しく、消費者金融は高い利息を取られてしまいますのでなるべく使いたくないと考える人が多いです。
そんな個人事業主の皆さんにオススメするのがファクタリングです。
今回が個人事業主にオススメのファクタリングや利用しやすいファクタリング法人などについて詳しく解説していきます!

おすすめできる?個人事業主でもファクタリング法人は利用できる?

まとまったお金を最短即日で入手できるファクタリング。
基本は企業が利用する物ですので、「個人事業主でも利用できるの?」と疑問を抱えている方も多いでしょう。
個人事業主のファクタリングについてまとめます。

 

ファクタリングとは?

ファクタリングとは未入金の請求書を買い取り、現金化してくれるサービスです。
近年では銀行の融資審査に通らないような企業でも利用できるファクタリングが、資金調達の手段として多くの経営者に利用されてきています。
ファクタリングの一つである2社間ファクタリングを使用すれば最短で即日入金されるため、急にお金が必要になった場合でも安心です。

 

基本的には法人が対象?

ファクタリングは売掛債権を取引するサービスなので、基本的には法人が対象のサービスとなっています。
企業の売掛債権を取引しますので、かなり大きな金額が動きます。
それに対して個人事業主はよりも取引額は高額なので、そちらをターゲットにしているファクタリング法人がほとんどです。
中には個人事業主やフリーランスはお断りと言うファクタリング法人も少なくはありません。

 

個人事業主でも利用可能?

法人向けたものがほとんどで、中には個人事業主やフリーランスは利用できないファクタリング法人も少なくはありません。
では個人事業主はファクタリングを利用できないのでしょうか?
そんなことはありません。
個人事業主やフリーランスでも利用できるファクタリング法人は存在しています。
しかも基本的に個人事業主だからといって審査が厳しくなるということもないようです。
もしファクタリングを利用したいのであれば、まずはファクタリング法人の公式サイトを見てみることをオススメします。

 

小額のファクタリングは可能?

ファクタリングは少なくても何百万、多ければ億単位のお金が動く取引です。
しかし個人事業主でファクタリングを利用するとかなり小額の取引となります。
ファクタリング法人の中には下限を100万円としている企業もありますが、30万程度から受け付けているところもあります。
個人事業主でファクタリングを利用したいのであれば、こちらを利用するのがオススメです。

 

個人事業主がファクタリングするメリットは?

個人事業主がファクタリングを利用するメリットとしては売掛金を最短即日で現金化することが可能があります。
運用資金や売掛金未払いなどの保険など様々なことに使えるので、非常に重宝するサービスだと言えるでしょう。
またファクタリングは保証人が必要ない、借金ではないので信用情報に傷がつかないなどのメリットがあります。
事業は信用が第一ですので、信用情報を傷つけることなく、まとまったお金が手に入るファクタリングは個人事業主にもオススメできます。

おすすめはできない?個人事業主がファクタリング法人を利用できない理由は?

資金調達の手段として便利なファクタリングですが、個人事業主やフリーランスの利用を断っているファクタリング企業も多いです。
ではなぜ個人事業主やフリーランスは利用できないのでしょうか?
その理由についてまとめていきます。

 

個人事業主は信用度が低い

個人事業主がファクタリングを利用できない大きな理由としては信用情報が非常に弱いということが挙げられます。
個人事業主の場合、企業と違い売り上げがかなり不安定で、中には赤字となっていることもあるでしょう。
もちろん好調に売り上げを伸ばしている個人事業主も存在していますが、全体を通してみると少ないので、ファクタリング企業は個人事業主との取引を敬遠しているのです。
個人事業主でファクタリングを利用したい場合は、信用情報を強くする必要があるといえます。

 

安定して売り上げを確保できていない

個人事業主は売掛債権が企業に比べて少額なことが多く、ファクタリング対応できるだけの売り上げが確保できていないことが多いです。
またある月は売り上げがかなり多くても、ある月はその半分の売り上げしかないといったこともあり非常に不安定です。
ファクタリングの審査を通過する条件として毎月安定した売り上げを記録していることが必須ですので、これをクリアできないとかなり厳しいと言えるでしょう。

 

税金関係の知識に疎い

個人事業主の多くは専門の税理士などを雇わず、運営しています。
そのため個人事業主自体が税金関係の知識疎く、必要な手続きなどを踏んでいない可能性もあり得るのです。
また税金が未納だったり、滞納していたりする個人事業主も少なくなく、そのような人たちが原因で個人事業主のイメージが低下しているのも事実です。
個人事業主を始める際は税金についてしっかりとした知識を身につけるか、専門家を雇うなどして対策しておくことをオススメします。

 

ファクタリング法人の条件に合っていない

ファクタリング法人には利用条件が定められており、その内容は法人ごとに異なります。
個人事業主がファクタリングを利用できない場合は、ファクタリング法人が掲げている利用条件に見合っていないと判断されている可能性があります。
これは個人事業主だけの話ではなく、企業でも条件に合わなければ利用することはできません。
利用条件に関してはファクタリング法人の公式サイトなどに記載されている場合もあるので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

 

何かしらのトラブルを抱えている

過去、また現在何かしらのトラブルを起こしている個人事業主はファクタリングの利用を断られる可能性があります。
先程説明した通り税金の未納・滞納、取引先とのトラブル、個人事業主個人のトラブルなどなど。
トラブルを抱えていてもファクタリングを利用できる可能性もありますが、ただでさえ個人事業主は信用が低いので、こうしたマイナス要素は取り払っておきたいものです。

おすすめ?個人事業主がファクタリング法人を利用する際の注意点は?

個人事業主やフリーランスでも利用できるファクタリング法人を見つけても注意しなければいけない点もたくさんあります。
この章では個人事業主がファクタリング法人を利用する際の注意点について解説していきます。
これからファクタリングを利用する予定の個人事業主は必見です。

 

手数料の相場

ファクタリングを利用すると、売掛金が全て自分の手に渡るわけではなく、手数料が差し引かれた分のお金が入金されます。
ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種裏が存在しており、それぞれ手数料の相場が異なっています。
それぞれでの手数料の相場は以下の通りです。
・2社間ファクタリング:20〜30%
・3社間ファクタリング:10〜20%
3社間ファクタリングは2社間ファクタリングに比べて手数料が安い傾向にあるため、一見するとこちらを利用した方がお得なように感じます。
しかし3社間ファクタリングでは、取引企業の許可が必要であり、ファクタリングをしていることが通知されてしまいます。
そうなると今後の取引に影響が出るため、取引企業の合意が得られている人以外にはオススメしません。
一方で2社間ファクタリングは利用者とファクタリング法人の間で完結しますので、手数料は高めですが、手続きが非常にスムーズに進みます。
ファクタリング法人によっては最短で即日入金してくれるので大変心強いでしょう。

 

契約書の内容は隅々まで確認

ファクタリングを利用する際は、契約書などの書類がいくつか必要になってくるのですが、これらにはしっかり目を通しておきましょう。
理想を言えば契約書のコピーを取っておくことが望ましいです。
契約書にはファクタリングに関する重要事項が書かれていますので、しっかり把握しておかないと後々トラブルが起きる可能性もあります。
また悪徳ファクタリング法人を利用してしまった場合、契約書に後から書き加えて法外なお金を騙し取ろうとされる事例も発生しています。
契約書の内容は隅々まで確認し、コピーを取っておけば、そういったトラブルを事前に避けることができるので、絶対に実践してください。

 

ファクタリング法人からの請求内容はしっかり確認

ファクタリングを契約し、売掛金を現金化した後、ファクタリング法人に取引先から入金された売掛金を支払う必要があります。
その際ファクタリング法人から請求された内訳をしっかりと把握しておきましょう。
世の中には利用者から法外な料金を巻き上げようとする悪徳法人も存在しています。
そのような悪徳法人は少額を入金し、高額な売掛金を支払わせる手口を使うため、通常ではあり得ないような金額の請求されることもあります。
何かおかしいと感じたらすぐに問い合わせをするか、専門家を頼りましょう。
また一般的なファクタリング法人でも、請求の内訳や期限をしっかり確認しておかないと、信用を失いかねませんのでご注意ください。

 

悪徳なファクタリング法人も存在する

この記事では再三触れてきましたが、ファクタリング業界には法外なお金を利用者から騙し取ろうとする悪徳法人も存在します。
ファクタリング業界は近年生まれた業界ですので、まだまだ参入しやすく、詐欺まがいの法人も少なからず活動しているのです。
中にはファクタリング法人を名乗っておきながら、闇金紛いの営業をしていた反社会勢力もおり、摘発されたという事例もあります。
悪徳ファクタリング法人の手口としては、何かしらの甘い言葉で利用者を勧誘し、ファクタリング契約を結んだ後、法外な手数料を請求すると言ったものが多いです。
支払いが遅れたら利用者やその周辺の人たちに悪質な嫌がらせを行うといったこともあるそうです。
悪徳ファクタリング法人を避けるためには、利用前にその法人を徹底的に調べるという方法があります。
また契約を進める上で「おかしいな」「納得できないな」と思うことがあったら安易に契約に踏み切らず、専門家に相談してみましょう。

個人事業主にもおすすめ!ファクタリング法人5選!

ファクタリング法人の多くが法人向けのサービスを提供しており、個人事業主でも利用できるファクタリング法人を探すのも一苦労です。
そこで今回は個人事業主にオススメのファクタリング法人を5つご紹介していきたいと思います!
ファクタリングの利用を検討している個人事業主の方はぜひ参考にしてみてください。

 

アクセルファクター

最初に紹介する個人事業主にもオススメのファクタリング法人は業界トップクラスのスピードファクタリングを誇る「アクセルファクター」です。
ファクタリング法人の多くは法人をターゲットにしているので、基本的には大口取引を専門としています。
しかしアクセルファクターはファクタリング業界では珍しく、小口取引専門のファクタリング法人であり、個人事業主やフリーランスでも利用しやすいです。
少額の取引を専門としているためか、申し込みから入金までのフローがかなりコンパクトで、入金スピードは業界トップクラスです。
手数料も他のファクタリング法人と比べても安く収まることが多いため、資金調達の強い味方になってくれることでしょう。

 

えんナビ

次に紹介する「えんナビ」は24時間365日対応してくれると評判のファクタリング法人です。
ファクタリング企業の多くは土日祝日を定休日にしているところも多く、不便に感じている利用者も多くいることでしょう。
しかしえんナビは24時間365日いつでも対応してくれるので、ファクタリングを利用したいと思ったら、すぐにでも利用できます。
いつ申し込みの電話をしても常駐スタッフが対応してくれるため安心です。
少額からの取引でも問題なく行えるため、個人事業主やフリーランスの方にもオススメです!

 

ウィット

電話一本で契約が完結するファクタリング法人「ウィット」は、日々の業務で忙しい個人事業主やフリーランスでも利用しやすい法人となっています。
通常ファクタリングを契約する際は申し込みをしてから対面で契約をする必要があり、これを手間に感じている人もかなりお多いでしょう。
ウィットでは電話で申し込みから審査、入金まで行えるので、利用者がファクタリング法人の事務所を訪れる必要はありません。
他のファクタリング法人に比べて手数料も安く抑えられており、事務所から一歩も出ずに契約できるので非常に使いやすいと言えるでしょう。

 

アクティブサポート

数あるファクタリング法人の中で安心感や信頼感が高いと評判なのが「アクティブサポート」です。
アクティブサポートでは利用者の納得がいくように分かりやすく説明してくれるので、完全に双方合意した状態での契約がしやすくなっています。
また事務手数料や登録料などの費用もかかりませんので安心です。
他社からの乗り換え実績も数多いことから、安心や信頼に結びついているのでしょう。
ファクタリング初心者にもしっかりとわかりやすく手厚いサポートをしてくれるので、ファクタリングについて不安がある人はぜひ利用してみてください。

 

olta

先程紹介したウィットは電話一本でファクタリング契約を完了できる便利な企業でしたが、ファクタリング法人「olta」はネット上で全ての契約を完了できます。
開業して3年目とまだまだ駆け出しのファクタリング法人ではありますが、書類や申し込みを全てネット上で完結するという業界初のシステムを生み出し、ノリに乗っています。
24時間いつでも申し込みを受け付けており、基本的に即日で入金をしてくれるので急な資金調達にも便利です。
手数料も安いと評判で、最安値2%と破格!
気になる方はぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は個人事業主にもオススメのファクタリング法人について解説してきました。
基本的にファクタリングは法人向けに作られたサービスですので、小口取引が基本となる個人事業主やフリーランスは利用を断られることもあります。
しかし中には個人事業主やフリーランスでも利用できるファクタリング法人も存在しており、強い味方になってくれます。
個人事業主やフリーランスの方はぜひ今回の記事を参考にして、有効的にファクタリングを利用してみてはいかがでしょうか?