Uncategorized

ファクタリングには詐欺の危険性も?手口や回避方法も紹介!

経営資金の調達によく使われるファクタリングは経営者にとって強い味方となっています。
しかしそんなファクタリングを提供している企業の中には、詐欺まがいの方法で利用者からお金を巻き上げようとする悪徳企業も存在しています。
悪徳ファクタリング企業の被害は毎年報告されており、利用者も自分の身は自分で守らなくてはなりません。
そこで今回は詐欺の危険性のあるファクタリングや悪徳業者の手口、悪徳ファクタリングを避ける方法などについて詳しく解説していきたいと思います。

ファクタリングには詐欺の危険性?

資金を最短で即日手に入れることができるファクタリングは経営者のみならず個人単位でも利用することができます。
しかしファクタリングを提供している企業の中には悪徳な企業が潜んでいるので注意が必要です。
悪徳なファクタリングの実態を詳しく見ていきましょう。

 

ファクタリング会社の中には詐欺会社もいる?

ファクタリングは金融業界の中では比較的新しいビジネスとなっており、まだまだこれから更なる発展が期待される分野です。
またファクタリングはかなり厳しいとされている「貸金業法」の対象外であるため、新規参入してくるファクタリング企業も多くいます。
しかしそんな参入のしやすさからか、ファクタリング業界には法外な料金を騙し取ろうとする悪徳企業も存在しているのです。
そんな悪徳ファクタリング企業によるの被害は毎年報告されており、利用者側も注意が必要になっています。

 

ファクタリング会社を装った闇金も存在?

2017年5月に「ファクタリングサービスを提供していた企業が逮捕された」というニュースが報道されました。
逮捕された企業の社員たちはファクタリング企業を名乗っていたのですが、その実態は法外な金利をつけてお金を融資する闇金だったのです。
事件の調査が進むにつれて、この企業は貸金業法で定められている金利の約50倍もの金利を取っていたそうです。
このようにファクタリング企業を装って、闇金的な営業をしている企業も存在しており、ファクタリング自体が違法ではないかと当時は言われていました。
ファクタリング自体は金融取引として法的に認められていますので、ご安心ください。

 

ファクタリング利用者が詐欺をする危険性も?

詐欺を働く悪徳なファクタリング企業が存在するため、利用者には注意が必要ですが、実は利用者側がファクタリング企業を騙すような事例もあります。
例えば自社が持っている売掛債権を複数のファクタリング企業に売ろうとする「二重譲渡」を企んだり、ファクタリング企業の入金後に「計画倒産」したりとその手口は多種多様です。
ファクタリング利用者側に騙すつもりがなくても、社内で連携が取れていなかったり、必要な手続きを踏まなかったりと言ったようなことが原因で、結果規約に違反してしまうということも少なくありません。
ファクタリングを利用する際は他人事だと思わず、気を付けましょう。

 

ファクタリングには詐欺以外にどんな危険性がある?

慎重に利用すればファクタリングは経営者にとってかなり便利なのですが、詐欺以外にもデメリットはあります。
ファクタリングは方法によっては取引先にもファクタリングをしているという事実を知られてしまいます。
そうすると取引先からに「経営資金が不足している企業」といったようなイメージを植えつけてしまい、今後の取引に影響する可能性もあるのです。
ファクタリングを利用する際にはどのような方法が1番ベストかよく調べてから利用する必要があるでしょう。

危険!詐欺ファクタリング会社の手口とは?

ファクタリング企業の中には法外な手数料を取ったり、ファクタリング企業を装って闇金的な営業をしていたりといった悪徳企業も存在します。
この章ではそんな悪徳企業から身を守ために、実際に使われた悪徳企業の手口をご紹介していきます。
悪徳ファクタリングの被害に遭わないように是非ご覧ください。

 

ファクタリング詐欺の手口①おいしい話で勧誘

ファクタリング詐欺の典型的な手口として利用者を現実的にはあり得ないようなおいしい話を持ちかける、もしくは謳うことでお金を騙し取るといったものです。
中でも多いのが超格安の手数料をメリットとして持ちかけるというケースです。
売掛債権を早急に現金化できる2社間ファクタリングは、一般的に10〜30%程度が手数料の相場だと言われています。
取引先が倒産してしまい、売掛金が回収不可能になるリスクを抱えているので、必然的に手数料は高くなってしまうのです。
そんな中悪徳ファクタリング企業は5%を切るような格安の手数料を武器に、言葉巧みに誘ってきます。
普通に考えたらそこまで手数料を安くしてしまうと、企業自体が運営できなくなってしまいます。

 

ファクタリング詐欺の手口②入金分を搾取

ファクタリングでは通常、売掛債権の金額から手数料を引いた金額が利用者に入金されます。
しかしファクタリング詐欺では、利用者に入金する分のお金から更に搾取をするという手口が実際に使われました。
ファクタリングの契約を進めていくうちに、悪徳企業は「保証料」「手付金」など通常ではありえないような費用を利用者に請求していきます。
それらの費用は利用者に入金されるお金から相殺しきますので、利用者の手に渡るお金が少なくなってしまうのです。
100万円入金予定だったはずが、手数料・費用が差し引かれ40万円しか振り込まれなかったという事例も報告されています。

 

ファクタリング詐欺の手口③ジャンプ

悪徳ファクタリング企業と取引をしていると、かなり搾取されてしまうので、十分な経営資金を調達できることは難しく、経営が火の車になってしまうことも珍しくありません。
いくら経営が厳しくても取引先からの売掛金は支払う必要があります。
そんな時悪徳企業は「ジャンプ」と呼ばれる支払い方法を利用者に持ちかけるのです。
「ジャンプ」とは闇金でもよく使われる手法で、分割払いにする代わりに分割手数料を取るというものです。
例えば元金が50万円で10万円+分割手数料5万円ずつ5ヶ月間返済したとしましょう。
この場合1ヶ月15万円×5ヶ月なので50万円の元金を返済するために75万円も支払わなくてはならなくなります。
中には手数料だけ支払って元金が減らないといったような状況に追い込まれる利用者も存在し、経営が更に悪化してしまうという事態に陥ってしまうのです。

 

ファクタリング詐欺の手口④手数料を水増し

悪徳ファクタリング企業が使う手口として多いのが、手数料を水増ししていくというものです。
通常ファクタリングは申し込んできた利用者の信用情報や経営状況などを調査し、利用の可否を決めています。
しかし悪徳ファクタリング企業のほとんどは審査など行いません。
申し込んでから1時間ほど審査結果待つよう指示されることが多いようですが、簡単な審査さえ行われていないと言い切っても良いでしょう。
その後、企業側から連絡が来るのですが何かと理由をつけて割高な手数料を請求してきます。
「初回だから」「取引先の信用が乏しい」「即日振り込みするので」など言い分は多種多様。
報告された事例では莫大な手数料を取られるということはほとんどなく、30%程度といったギリギリ相場に収まるような額を請求してくるようです。

 

ファクタリング詐欺の手口⑤脅迫

売掛金の支払いが滞ると、悪徳ファクタリング企業は利用者に対して脅迫や嫌がらせを行う事例もあります。
元々反社会的勢力がこのような事業に手を出していることも多く、徐々に本性を現していくのです。
脅迫の内容としては取引先へファクタリングしているという事実を通知するというものが多いです。
利用者としては今後の取引に影響を及ぼす可能性があるため、取引先にファクタリングしているという事実を知られたくないという人もいます。
そのような弱みにつけ込んで「払わなければ取引先に通知する」といった脅迫をするのです。
また基本的にファクタリングには保証人は必要ないのですが、悪徳業社の中には保証人を立てるところも珍しくありません。
利用者からの支払いが滞れば、今度は保証人に矛先が向けられるのです。
更に利用者や家族、従業員に嫌がらせを行う場合もあり、取引先や従業員の信頼を失うといった最悪の事態も考えられます。

ファクタリング利用者も詐欺に問われる危険性がある?

ファクタリングで詐欺の被害に遭うのは利用者だけではありません。
利用者が詐欺を行い、ファクタリング企業が被害を被る可能性も大いにあるのです。
ファクタリング利用者側が詐欺に問われてしまう事例を見ていきましょう。

 

計画倒産

ファクタリング利用者が詐欺として問われる事例として、利用者と取引先と手を組んで行われる計画倒産が挙げられます。
こちらはかなり大規模な損害を出す手口であり、ひどい時は億単位の被害額が出ます。
手口としては最初は小額のファクタリングを利用し、優良な利用者というイメージをファクタリング企業に植え付けます。
信頼関係ができた頃、大口のファクタリングを申し込むのです。
契約が完了し、ファクタリング企業からの入金後、取引先を倒産させたらこの手口は完成します。
こちらは明らかな悪意があっての犯行なので、摘発されれば即逮捕です。

 

虚偽の書類提出

ファクタリングを申し込む際は様々な書類を提出する必要があるのですが、書類の内容に嘘の内容を書いたり、そもそも全く違う会社の書類を提出するという手口もあります。
ファクタリングは銀行融資より審査が甘いと言われていますが、誰でも利用できるというわけではありません。
取引先の信用が低かったり、自社の経営状況などによっては審査に落とされてしまう可能性もあります。
そのような場合、自社の売り上げを水増ししたり、取引先の情報に手を加えたりといった虚偽の書類提出するというケースも報告されているのです。

 

二重譲渡

二重譲渡とは1つの売掛債権を複数のファクタリング企業に買い取ってもらい、現金化しようとする手口のことです。
二重譲渡を計画している利用者は初めに複数のファクタリング企業を選び出し、売掛債権を現金化していきます。
例えば100万円分の売掛債権を3社のファクタリング企業に売却すると、利用者は300万円の現金を手に入れることができます。
しかし元々の売掛金は100万円なので、ファクタリング企業3社中2社は売掛金が入金されず、損害を受けてしまうのです。
二重譲渡は債権譲渡登記が必要ない2社間ファクタリングで発生しやすく、事前に詐欺だと見分けるのも難しくなっています。
二重譲渡は立派な犯罪行為ですので、絶対にしないでください。

 

無自覚で詐欺行為を働いてしまう場合も?

ファクタリング利用者がファクタリング企業を騙そうと、詐欺を計画するパターンが多いのですが、中には無自覚のうちに詐欺行為を犯しているという場合もあります。
二重譲渡は特に無自覚で行ってしまう可能性が高いので、注意が必要です。
複数のファクタリング企業と継続的な取引をしている場合に、既に現金化している売掛債権を誤って他のファクタリング企業に回してしまい、結果的に二重譲渡になってしまっているというケースもあります。
この場合いくら悪気がなかったとしても、二重譲渡をしてしまっているので、ファクタリング企業側が告訴すれば罪に問われます。
複数のファクタリング企業と取引を行っているという人は十分に注意しましょう。

ファクタリング詐欺の危険を避ける為には?

ここまでファクタリング詐欺の手口や危険性について解説してきました。
ではファクタリング詐欺の被害に遭わないようにするためにはどうすればいいのでしょうか?
ファクタリング詐欺の危険を避ける為の方法についてまとめました。

 

事前にファクタリング詐欺の危険性について熟知しておく

ファクタリング詐欺を避ける為には、ファクタリング詐欺についてよく知らなくてはいけません。
悪徳なファクタリング企業が使ってくる手口やファクタリング手数料の相場、必要な手続き、最悪の場合などについてしっかり調べましょう。
それらについてしっかりとした知識を持っていれば、何かおかしいと感じた時にすぐに行動することができます。
ファクタリング詐欺についてはこの記事を含め、多くのメディアで扱われていますので、そちらも併せて参照してみてください。

 

ファクタリング会社をよく調べる

ファクタリングを利用する際は、利用するファクタリング企業をしっかりと調べるようにしましょう。
手数料やシステムをはじめ、しっかり実績のある会社か、怪しい点はないかなど事前に調べておけば極端に怪しいファクタリング企業に引っかかってしまうことはないでしょう。
多くのファクタリング企業は自社の公式サイトを解説していますので、隅から隅まで読み込むことをオススメします。
また口コミサイトなどでその企業の評価を参考にしてみても良いでしょう。

 

契約書の内容をよく確認し、控えをとる

ファクタリングを利用する際は様々な契約書が発行されます。
ファクタリング詐欺に遭わない為にも契約書の内容をよく確認し、コピーするなどして控えを取っておきましょう。
悪徳ファクタリング企業の中には契約書に後から書き足すなどして、お金を騙し取ろうとしてくる企業もあります。
その時控えを取っていれば、後から書き足されたことを証明できるのです。
契約書にサインする際は慎重になりましょう。

 

専門家同席の元で話し合いをする

どうしても一人では心細い、どう調査していいかわからないといったような人は専門家に頼るのも有効です。
ファクタリング企業の社員と話し合いをする際、専門家に同席して貰えばスムーズに話し合いが進むでしょう。
また何かおかしなことがあれば、専門家が指摘してくれますので、ファクタリング詐欺に遭う可能性はグッと減ります。
その分費用はかかってしまいますが、ファクタリング詐欺の被害に遭い、損失を受けることを考えたら安いものです。

まとめ

ここまでファクタリング詐欺の危険性について解説してきました。
ファクタリング企業の中には、詐欺まがいの行為でお金を騙し取ろうとする悪徳企業も存在しています。
そのようなファクタリング詐欺の危険から身を守る為には、ファクタリングについての十分な知識が必要です。
ぜひ今回の記事を読んでファクタリング詐欺の危険性を知り、被害に遭わないように気をつけましょう。