ファクタリングってどんなサービス?仕組みや種類など徹底解説!

「資金繰りに困っている」
「融資の審査が通らない」
「借金だけはしたくない」
会社を経営している人にとって会社を運営していく上で資金はとても重要で、これがなくなってしまうと経営が立ち行かなくなってしまいます。
しかしいくら資金を集めるためとっても、過度な借入は逆に会社の信用を失ったり、利息を払わなくてはいけなかったりと色々デメリットも存在します。
そんなみなさんにオススメなのがファクタリングです!
今回はファクタリングがどのようなものか、ファクタリングの仕組みや種類などについて解説していきます。

そもそもファクタリングとは何?

資金繰りに困っている経営者の味方となってくれるサービスがファクタリングです。
ではそもそもファクタリングとはどのようなものなのでしょうか?
ファクタリングの概要について説明します。

ファクタリングとはサービス?

ファクタリングとは未入金の請求書を買い取り、現金化してくれるサービスです。
ここ数年、ファクタリングは相手の入金を待たずに売上金を受け取ることができると、多くの経営者に利用されてきました。
ただし売り上げの全てが現金化できるわけではなく、請求書の額面から手数料が引かれ、残りが経営者の手もとに渡ります。
日本には多種多様なファクタリング企業が存在しており、利用者がファクタリング企業を選べるような状況となっています。
最短で即日現金が手に入る、融資が受けられないような企業でも利用できるといったことから、ファクタリングは経営者の強い味方となっています。

ファクタリングとはどんな時に役に立つ?

資金繰りに悩む経営者の強い味方になってくれるサービス・ファクタリングですが、様々な場合に役立ちます。
ファクタリング利用者の多くが、とにかく今現金が欲しいという人です
通常、企業が売上金を手にするまでには様々な手続きを踏む必要があるため、かなりの時間がかかります。
その間にも従業員への給与や各種支払いは発生しますので、資金は必要になるのです。
ファクタリングを利用すると最短で即日現金を手に入れることができますので、このような問題を解消することができます。
この他にも売掛金を確実に回収したい、相手企業が倒産した場合の保険としても役に立つのです。

ファクタリングを利用するメリットとは?

ファクタリングにはかなり多くのメリットが存在しますが、主なメリットは以下のようなものになります。
・売掛金をすぐに現金化できる
・会社の信用情報に傷がつかない
・利用するのに担保や保証人が必要ない
・審査がかなり優しい
・手続きが簡単
ファクタリング大きなメリットとしてはやはり売掛金をすぐに現金化できるというところでしょう。
手続きが簡単で、担保や保証人が必要ないので手軽に利用できるというのも魅力の一つです。
またファクタリング企業によっては審査がかなり優しいので、銀行から融資を断られたような企業でも利用できる場合が多いです。
これらのメリットを見るとなぜファクタリングが人気のサービスとなっているのか分かってくることでしょう。

ファクタリングを利用するデメリットとは?

様々な面で大変便利なファクタリングですが、デメリットもあります。
ファクタリングのデメリットを以下にまとめてみました。
・手数料がかかる
・債権譲渡登記が必要な場合も
・悪徳なファクタリング企業も存在
ファクタリングの大きなデメリットとしては、手数料がかかるという点でしょう。
手数料はファクタリング企業によって変わりますが、2%〜30%の間で変動します。
最大で売り上げの⅓を手数料として取られてしまう場合もあるので注意が必要です。
さらにファクタリング企業の中には詐欺を働く悪徳企業も存在し、毎年被害が報告されています。
条件が良いからと言ってこのような悪徳企業に騙されないように利用するファクタリング企業を選ぶ必要があると言えるでしょう。

違法ではない?

ここまでファクタリングの説明をしてきましたが、この記事を読んでいる人の中には、「ファクタリングって違法ではないの?」と疑問を持った方もいることでしょう。
結論から言えばファクタリングはれっきとした金融取引であり、合法です。
ファクタリングは債権を買い取って、その対価として金銭が発生しているので、法的には売買契約、債権譲渡などとして扱われます。
しっかりと日本の法律で認められている取引ですので安心してご利用ください。

ファクタリングとはどんな仕組み?

800
ファクタリングには大きく分けて「2社間ファクタリング」「3社間ファクタリング」のに種類に分かれています。
それぞれ違った特徴を持っており、仕組みも少し異なるのです。
そんなファクタリングの仕組みについてまとめてみました。

2社間ファクタリングの仕組みとは?

2社間ファクタリングとはファクタリング利用者とファクタリング企業の間だけで完結するファクタリングです。
ファクタリング利用者が所有する売り上げ、つまり売掛債権をファクタリング企業に譲渡し、それに応じた金額が企業から利用者に前払いされるという仕組みになっています。
こちらは基本的に前払いですので、取引先から売掛金を回収した後は、そのお金を利用者がファクタリング企業に振り込む必要があります。
2社間ファクタリングは取引先に連絡することなくファクタリングを行うことができるため、会社の信用を落とさないで資金調達ができるというメリットがあります。
現在の取引先と今後も取引を続けていきたいという経営者にはオススメの方法です。
しかし2社間ファクタリングサービスを提供している企業に払う手数料が多くなるという傾向があるため、手数料を極力削りたいという方は3社間ファクタリングをオススメします。

3社間ファクタリングの仕組みとは?

3社間ファクタリングは2社間ファクタリングと違い、ファクタリング利用者、ファクタリング企業、取引先の3社が関わってくるファクタリングになります。
仕組みは2社間ファクタリングと大して変わらないのですが、売掛金は取引先からファクタリング企業へ直接支払われるため、利用者がファクタリング企業に売掛金を入金する必要はありません。
しかし3社間ファクタリングには利用者、ファクタリング企業、取引先の3社間の合意が必要なため、取引先からの信用を損なう可能性もあります。
また3社が絡む取引のため、書類作成などの手続きに時間がかかってしまい、2社間ファクタリングに比べるとややスピーディーさに欠けます。
そんな3社間ファクタリングですが、手数料が非常に安いので、取引先の合意が得られているのであればオススメです。
取引先に3社間ファクタリングの合意を得る際は、間違った情報を伝えてしまわないように注意しましょう。

ファクタリングにはどのような種類がある?

1500
ファクタリングには様々な種類が存在しているのですが大きく5つに分けることができます。
こちらはそれぞれファクタリングの目的や決済方法の種類などが異なっており、利用シーンもまた違ってきます。
そんなファクタリングの種類について解説していきたいと思います。

買取ファクタリング

買取ファクタリングの特徴

この記事で解説してきたファクタリングは基本的にこちらの「買取ファクタリング」に該当します。
前章でも説明した通り売掛債権をファクタリング企業に売却し、そこから手数料を引いた額がファクタリング利用者の手に渡るというものです。
民間企業の経営者が利用することが多いのですが、個人でも利用できることもあります。

買取ファクタリングのメリット・デメリット

買取ファクタリングには資金調達のために利用されることが多く、最短で即日でまとまった資金を手に入れることができるというメリットがあります。
また買取ファクタリングを利用する際は担保や保証人を立てる必要がありません。
さらに審査が銀行の融資よりも甘いので、銀行から融資を断られたという人でも十分ファクタリングをできる可能性があります。
かなりメリットは多いのですが、手数料がファクタリング企業によって異なり、全体の⅓を手数料として取られてしまう場合もあるというデメリットもあります。

保証ファクタリング

保証ファクタリングの特徴

保証ファクタリングは買取ファクタリングと異なり、資金調達を目的として利用されることはありません。
保証ファクタリングは売掛金を確実に回収したいという企業に向けて提供されているファクタリングサービスで、仕組みや目的が若干異なっています。
取引先が何らかの理由で倒産してしまった場合、それまで発生していた売掛金を回収するのが難しくなってしまい、かなりのダメージを受けます。
そのような事態を避けるために保証ファクタリングを利用し、保険をかけておくのです。

保証ファクタリングのメリット・デメリット

保証ファクタリングの大きなメリットとしては企業が倒産などで売掛金の回収が不可能になるといったトラブルを防げるという点です。
仮に取引先に何か大きなトラブルが起こったとしても、ファクタリング企業が売掛金を現金化してくれますので安心できます。
また保証ファクタリングを提供している企業には、取引先の予信調査をしてくれるところも多いというメリットがあります。
自社で予信調査ができない企業にはオススメです。
ただし保険ファクタリングは手数料が高く、利用するにはある程度売掛金があることが前提なので利用できない場合もあるというデメリットもあります。

一括ファクタリング

一括ファクタリングの特徴

一括ファクタリングとは、従来決済の手段として使われてきた支払手形の代わりに登場しました。
取引先が所有している金銭債権を一括で買い取ることからこのような名前がつきました。
一括ファクタリングは基本的にファクタリング利用者と取引先、ファクタリング企業の3社間で行われることがほとんどです。

一括ファクタリングのメリット・デメリット

一括ファクタリングの場合、ファクタリングを利用するのは取引先、つまり商品の代金を支払う側となります。
そのため3社の合意が得られやすく、事務処理が非常に簡単だというメリットがあります。
一括ファクタリングのデメリットとしては3社ファクタリングが基本となりますので、手続きに時間がかかってしまうということです。
即日現金を手に入れるようなことはできないでしょう。

国際ファクタリング

国際ファクタリングの特徴

今まで説明してきたファクタリングは基本的に国内で完結するファクタリングでしたが、国際ファクタリングは海外の企業を相手にしたファクタリングとなっています。
国際ファクタリングは国内の輸出企業、海外の輸入企業、海外のファクタリング企業の3社間で行われることが多いです。

国際ファクタリングのメリット・デメリット

国際ファクタリングには海外の取引先から確実に売掛金を回収するための保険といった役割があります。
国内の企業が海外の企業に製品を輸出して販売した場合、代金を支払うのは海外の企業です。
しかし海外の企業の中には製品の代金を支払ってくれる確証がないような企業も存在しており、売掛金を回収できないという危険性もあります。
そんな時に国際ファクタリングを使用して、売掛金を失うといったことのないようにするのです。
また国際ファクタリングでは事前に取引する海外の企業を予信調査し、信用がおける起業かどうかを調べてくれるところも多いです。
かなり便利な国際ファクタリングですが、海外のファクタリング企業と取引企業と契約をので交わすので、手続きにかなりの時間がかかるというデメリットもあります。

医療ファクタリング

医療ファクタリングの特徴

主に民間企業や個人で利用されることが多いファクタリングですが、医療業界でもファクタリングが利用されることもあります。
医療機関にも経営状況が不調になる時もあり、そのような場合早急な資金調達が必要となってきます。
そんな時に利用されるのが医療ファクタリングです。
医療ファクタリングの仕組みとしては通常のファクタリングとさほど変わりません。
社保や国保から支払われる医療報酬をファクタリング企業が買い取ることによって、現金化することができるのです。
医療ファクタリングの中にも、いくつか種類が分かれており、医科や歯科の医療報酬債権を扱う「診療報酬ファクタリング」、介護関係の企業の介護報酬債権を扱う「介護報酬ファクタリング」、薬剤局の薬剤報酬債権を扱う「薬剤報酬ファクタリング」などがあります。

医療ファクタリングのメリット・デメリット

医療ファクタリングは取引先の信用が強いので手数料が安いというメリットがあります。
医療機関の取引相手は国の機関である社保や国保が多いので、取引先の信用情報がカギを握るファクタリングにおいては大変有利になります。
もちろん医療報酬を即日現金化することも可能です。
医療関係者であればかなり便利な医療ファクタリングですが、取引金額に限度額があるなどのデメリットもありますので注意が必要です。

ファクタリングを利用する流れは?

経営資金の調達に便利なファクタリングですが、利用するにはどのような流れを踏むのでしょうか?
ファクタリングを利用する際の一連の流れについて解説します。

2社間ファクタリングの場合

2社間ファクタリングを利用する際の流れは以下のようになります
①利用者がファクタリング企業に売掛債権を譲渡する
②ファクタリング企業から利用者へ入金
③取引先が利用者に売掛金を払う
④取引先から入金された売掛金を利用者がファクタリング企業に入金する

以上が2社間ファクタリングを利用する際の流れになります。
2社間ファクタリングでは基本的に利用者とファクタリング企業の間で契約が進むので、最短で即日で売掛金を現金化することができます。
すぐに現金を手にしたい経営者にはかなり便利でしょう。

3社間ファクタリングの場合

続いて3社間ファクタリングの流れを解説します。
①利用者とファクタリング企業で契約
②利用者と取引先企業でファクタリングの契約、承諾
③利用者が取引先企業に売掛金の確認
④ファクタリング企業が利用者に入金
⑤ファクタリング企業が取引先企業に売掛金の確認
⑥取引先企業がファクタリング企業に売掛金を入金

以上が3社間ファクタリングの流れになります。
2社間ファクタリングに比べると手続きが多いので、利用者が現金を手に入れるにはかなりの時間がかかります。
しかし取引先の承諾を得ることができれば、手数料をかなり抑えることができ、お得に利用できます。

まとめ

ここまでファクタリングとは一体何なのかというテーマで解説してきました。
ファクタリングは売掛金を最短即日で現金化することができるサービスで、経営資金の調達などに大変便利です。
ファクタリングにもいくつかの種類があり、一つ一つ異なる特徴やメリットを持っています。
今現在資金調達に困っているという方は、ぜひファクタリングを利用してみてはいかがでしょうか?